72 左右バランスについて パート1 強弱記号編



譜面の真ん中に現れる強弱記号。

仮にfと書かれていたら

皆さんはどう弾きますか?


通常右手のみに対してなら、右手パートに強弱記号 

左手のみに対してなら、左手パートに強弱記号

両手に対してなら、強弱記号は真ん中に出てくると

習ったと思います。


それを踏まえたうえで、真ん中に、fときたら

左も右もFで弾くで、あっていると思いますよね。


ところがどっこい、ここに大きな落とし穴があるので、

今回紹介します。


その落とし穴とは、ずばり両手で、


言い換えれば両手合わせて、fの音量であるという事です。



従いまして真ん中にFと来ても様々な、fのバランスを考えなくてはなりません。



右ff+左p=f

右f+左mp=f


とこのように、一口にfと言っても、様々なバリエーションがある事になります。


私の経験上、左f 右fで弾いた場合、もちろん曲にもよりますが、

左が勝つff位に聴こえてしまいます。(何故かは次章で解説予定です)


従いまして、譜面の真ん中にfがきたら、


左も右もfではなく、

両手合わせてfに聴こえるように


と解釈するのが

とても大事になります。


ぜひもう一度自分の、強弱記号のバランスが、いつも左右同じの

パターンでしか弾いていないか、もう一度確認してみましょう。



73 左右バランスについて パート2音自体の力
















■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved