自宅用 譜めくり機能付デジタル譜面化への挑戦 


 譜めくり機能付デジタル譜面化への挑戦2&エアターン改造編 


移動用 譜めくり機能付デジタル譜面化への挑戦


裁断無しで譜面をスキャン


実験 自宅のピアノに、ホール響きを


デジタル譜面の統一デバイスとなるのか?  GVIDO編

裁断無しで譜面をスキャン




ようやく来たかといった感じ。

今まで、本番に使う譜面は、自前の本を片面コピーして製本して

あるいはアイパッドに入れるにしても、微妙にa4より大きい譜面。

スキャナにかけても、ト音記号が切れてたり、はたまた小節線が切れていたりと、

イライラの連続でした。



かといって自炊のために、裁断してスキャンも手ですが、

思い出の汗と努力の書き込みの結晶の、

譜面にカッターを入れることもできず、、、、


またアイフォンアプリでもできるのですが、あくまで仮のメモレベル、、、

なんか良いのないかなーとネットをあさると

発見すぐ飛びつきました

それがこちら


ScanSnap SV600





上部からスキャンする方式なので、いちいちひっくり返す必要もなく

、めくったらポンと押すだけです

ちなみにポンと押すのも面倒な人は、めくり機能検知までついています。

本体の左右の白い部分で、影を拾って認識している模様。


忌わしき厚みを誇る、ベートーヴェンソナタ集の厚みもなんのその

まっ平らでなくても、補正でまっすぐにできるのですが、

より確実にするため、自作でアクリルボードのブックドレッサーを使っています。

ちなみに純正品もあるようですが、滅茶苦茶高いんで自作

手持ちのフックはエポキシで固定してます


動画はこちらです



譜面を電子化したいが、裁断したくはないという人には

もってこいです












■千葉市 中央区 院内 1-2-5








■電話:043-222-5140





■電話:090-8462-3681








■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分








お問い合わせ











Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved