88 本番でのミス 本当に本番だけのミスなのか?



だれしも本番では良いところを見せたいものです。


ところがどっこい、一発勝負の本番ではなかなか

最高の状態で弾くことが出来るという人は、

そうそういないでしょう。


むしろどうしてこんな所で、、、、普段余裕で弾けているとこなのにーな事態や

あがってしまっててパニクッテしまって、何が何やらなる事態は、

だれしも起きるものです。


そしてそのような事態は、どんなプロでも多かれ少なかれあります。

というか自分の場合100%遭遇します、、、、


そういう本番のみに起こる、アクシデント的ミスは、結論から言うと、

防ぐことはできませんので無視してかまいません


なーんだ、じゃあ何のための今回のコラムだと思われた方に

今回紹介するのは、起こるべくして起きたミスなのに、

本番だけおきた、たまたまアクシデントのフリをしているミス

結構混じっている事があるというお話です。


本当に偶発的なミスなのか??(私は天狗の仕業とよく呼んでます)



先ず本番の失敗してしまった部分を普段の、自分のどの演奏と比べて、

上手くいかなかったと、嘆いているかが大事です。


実は私自身も、けっこうやってしまうのは、どの失敗部分も、

自分の家で上手く弾けた状態

と比較してしまって、嘆いている事が多いのです。



本番近くの時期ですと、どの場所も、短いスパンでは、完璧に弾けた経験が

あるので、そこと比較してしまって、上手くいかなかったと、嘆いてしまうのです。


はたして、通して弾いたときに、すべて短いスパンで、

うまくいった時のクオリティーを

保てているのか?


論より証拠 一発最初から最後まで録音録画してみましょう。


自分の頭で思い描いている、弾けた状態で弾けていますか?


自分の場合

いけね今途中いっかしよミスったんでテイク2

あれっ今別のとこで音飛び出ちまったんでテイク3

あれいまpppのとこ音抜けちまった、、、もう一回

あれ、これ今日終わるかしら、、、、、



と自分の弾ける状態というのが、短いスパンでの切り貼りであるという事

が結構あるのです。



もしこの、一発目の録音録画で自分の普段の、

イメージしている弾ける状態と同じであれば、

本番で起きたのは本当にアクシデントなので、気にしなくていいです。


ですが、何回弾いても、毎回ビミョーに違う所でミスが起きる、、、

これはあがったせいではありません、当然本番でも、

どこかまた違うところでミスすることになります。


下手すると、あれさっきと同じとこでミスした、、、

こうなってくると、いよいよ怪しくなってきます。


もしかしてただの練習不足、、、たまたま家でうまく弾けた短いパッセージと比較して


本番だけ弾けなかった事にしているだけで


もともと弾けてない   


なることが結構出てきます。ガーーーーン



実は私自身、以前デモ録音を頼まれて、軽い気持ちで、快諾したところ

自宅で何回やっても、満足なデモにならず、テイク5ー60弾いて、最後のほうには

残り2段あたりになると、このまま無事いってくれーなる心の叫びとともに

変な震えまで出てくる始末 

もはや自分の演奏は神頼みの運任せなのかー

なる経験をしたことがあります。苦笑



いかに普段の自分の演奏のレベルを、良いとこだけ切り貼りして、

過大評価していた事かと、思い知ったことがありましたので、

皆さんも、隠れアクシデントミスもどきが、潜んでいないかどうか、

ぜひやってみてください。


そしてひょっこり一回だけ現れた家でのミス部分を、弾けている時と比較検討して

潰していくと、さらに本番の精度があがると思います。


二回三回同じところがという方は、、、、練習あるのみです
















■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved