スポットライトにも負けない、譜面専用ポケットファイル



今回は私の失敗談からお話します



私は学生時代から、伴奏をよくする方で、もちろん譜面を全て持っていって、

弾くのが一番よいのでしょうが、何曲もあり、またオペラからアリアのみ数曲

となると、どうしてもコピーを使うことになると思います。



一曲のためにまるまるオペラスコアを持っていくのは、とんでもない

重量になりますからね。



しかしコピーだとしても、全部製本するとなると、

かるく100枚を超えたりしますから、製本も大変な作業です。



そこで、今までは本番は譜めくりの人も、

付いてくれるし、多少開きが不安定ですが、まぁ

万が一閉じそうになっても、大丈夫だろうと、

100均クリアポケットファイルに入れて、

製本の手間を省いたりしていたのですが、、、



事件が起きました。




スポットライトで袋のビニールが白飛びし、なーーーんにも見えない

なんかの首の角度でたまに見えるくらいの勢い、、、



その本番は地獄を見ることとなったのですが、

一応再現できるか写真にしてみました。



今回はカメラのフラッシュで再現してみましたが、この真ん中の感じです、

角度によっては見えたりもするのですが、ただでさえ本番で上がっているのに、

譜面も白トビ頭も真っ白トビ状態になります。



こんな経験を受けて、本番の譜面は、原本か必ず製本すると誓ったのですが、

最近良いの出たよーと、友人に教わり、試してみると、おおおーと感心した

クリアファイルがこちら




なんという単純な解決策!!!!



ずばり真ん中はビニールになっておらず、上下だけで、

譜面を押さえるという、こんな単純なことだけど、

やはりここに気が付ける人が、発明家なんだなーと関心。



当然譜面部分は紙なので、スポットライトもなんのその、

しかもファイルに入れたまま、書き込めるオマケ付き。



最近知ったのですが、オケの人とかは結構前から使っているようです。



ページが多くて製本めんどくさい。

合わせで書き込みを、これからいっぱい

するって人にはお勧めです。


















■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved